加須しみず歯科クリニック

MENU
お問い合わせ・予約受付
0480-61-8811
診療時間 /
月~金 9:30 ~ 19:00
土 9:30 ~ 17:30
日 9:30 ~ 13:30
休診日 /
木・祝日

治療メニュー インプラント

治療メニュー インプラント

歯を失ってしまった場合の治療法の一つにインプラントがあります。インプラントのメリットは、周囲の歯に負荷をかけないことに加えて、見た目も自分の歯のように白くナチュラルで美しい点です。一方で、外科手術が必須となり、近年においてはより高度な技術が要求されるようになってきています。当クリニックでは、安心して患者さまに治療を受けていただくために最新のCT撮影を行ない、骨の量や質などを分析し、インプラントの種類や埋入方法など様々なシュミレーションを行なってから治療を開始します。また、なるべく専門用語を使わずわかりやすい説明を心掛け、患者さまにしっかりご理解ご納得をいただいた上で進めていきます。

インプラントのポイント
POINT

  • 「とにかく手術が怖い」

    「とにかく手術が怖い」

    口腔外科出身の院長は、インプラント治療の豊富な経験がございます。一人ひとりの歯の状態に合わせた最適な方法で手術を行ないます。

  • 「専門的で治療内容がわかりにくい」

    「専門的で治療内容がわかりにくい」

    患者さまの口腔内を撮影した画像をもとに、インプラントを埋入した状態をシュミレーション画像を用いて、わかりやすくご説明します。

  • 「骨が足りず他院で断られた」

    「骨が足りず他院で断られた」

    インプラントにはあごの骨が必要になりますが、骨の量が足りなくても骨造成や再生療法によってインプラントを埋め込める状態にします。

01当院のインプラントの特徴

  • 安心のブランド「スプライン HA」を使用

    97%と他社と比較しても非常に純度が高いHA(ハイドロキシアパタイト)結晶体で構成されるMP-1(R)コーティングを仕様。スプラインと呼ばれる独自の構造をもっており、インプラント特有のトラブルを防止します。

  • 骨が足りない方にも対応(サイナスリフト・ソケットリフト・再生療法)

    骨の厚みが足りない場合、上あごではサイナスリフトやソケットリフトという骨造成を行います。サイナスリフトは骨が極端に少なかったり、より骨の厚みを確保したい場合に選択します。また、骨幅が狭い方に対応したリッジエキスパンジョンや、広範囲に骨が少ない方に対応したGBR法やCGFなどの再生療法も行っています。

  • 多くの歯を失った方にも対応(インプラントオーバーデンチャー)

    インプラントオーバーデンチャ―は、入れ歯をインプラントで固定するため、今までの入れ歯より「より強く・よりしっかり」安定して噛めるようになります。インプラント治療を受けたいが費用を抑えたい、インプラント外科手術を最小限の範囲で行いたいという方にもおすすめです。

  • 最新のCT撮影を導入

    CT撮影では、歯やあごの形、骨の密度、神経の位置などが3Dで立体的に映し出されるため、従来のレントゲン画像のみの診断に比べて、より精度の高い分析が可能になり、患者さまにとって安全な治療が提供できます。

02インプラントのメリット・デメリット

  • メリット1:自然に噛める

    インプラントの場合、自分の歯のように噛むことができ、分厚い入れ歯のように口の中の空間が狭くなるような違和感を感じることがありません。噛む力は、自分の本来の歯と比べて、90%回復する(入れ歯は60%)とされています。

  • メリット2:残りの自分の歯に負担を掛けない

    インプラントは、歯を失った部分のみを治療するので、ブリッジのように隣の歯を削ったり部分入れ歯のように周囲の歯にバネを引っかけて安定させることもありません。健康な歯を削ることで、歯の寿命が短くなるため、残りの歯を保存するという点で見てもインプラントは非常に優れています。

  • メリット3:見た目が美しく、ケアしやすい

    口を開けた際に、入れ歯のように金属のバネが見えることもありません。適度な透明感も備えた白なので自分の残りの歯となじみます。また、ブリッジと異なり歯1本が独立しているので、デンタルフロスなどで側面や周辺の細かいところまで清掃することができます。

  • デメリット:治療期間と費用が掛かる

    インプラント治療には、事前の綿密な分析とシュミレーション、治療計画が必要になります。インプラントを埋め込んだ後も骨と結合するまでに2~4か月ほど要し、その後に被せ物を作るため4~6か月の治療期間が掛かります。また保険適用外のため、費用も高額になります。

03インプラントを検討する前に「歯の移植」も選択肢に

  • 体の一部である、自分の歯を移植できる

    失った歯の箇所に、歯並びが悪くかみ合わせに関わっていない歯や親知らずを移植することができます。どんなに優れたインプラントや入れ歯、ブリッジよりも「安全性」において、もともと体の一部であった自分の歯を用いることに勝るものはありません。また、費用面においても保険治療が適用できる場合があるため、負担が少なく済む可能性があります。

  • 移植のメリット ー 噛む力を分散するクッション組織ができる

    移植のメリットは、歯の周りに歯根膜というクッションの役割を果たす組織ができることです。主に歯根膜の働きとして、噛む力を吸収・分散し、歯やあごの骨への直接的な負担を和らげたり、噛んだことで生じる刺激を脳へと伝えて脳を活性化させてくれます。インプラントにはない、この歯根膜ができることが移植の最大のメリットです。

  • 移植のデメリット ー 複数のクリアすべき条件がある

    移植のデメリットの1つとして、口の中や全身の状態(歯周病や全身疾患などがないか)、移植する歯の形、移植先のあごの骨量など、細かな条件をクリアする必要があります。また、自分の歯であるがゆえに虫歯になる可能性もあります。

一般治療
TREATMENT MENU

一般治療
さらに美しく保ちたい
未来の歯を守る予防ケア
小さいお子様のケア
トップへ